Dr.藤巻の美容歯科ブログ|「All on 4(オールオンフォー)」 インプラント治療1 初診・診査

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2015年2月13日

「All on 4(オールオンフォー)」 インプラント治療1 初診・診査

All on 4(オールオンフォー)」インプラント治療の流れを、何回かに分けて実際の患者様のケースでお話ししていきたいと思います。

 

患者様は、50代の女性。

「歯が動揺して食事が出来ない。入れ歯を入れていられない。」

との主訴で来院されました。

 

最初の検査として、

1)口腔内検査

2)パノラマレントゲン

3)歯周検査

4)口腔内の模型

をデータ収集・採取します。

 

この資料をもとに、暫定的な治療計画を作成します。

 

IMG_9278 口腔内所見

奥歯での噛み合わせを喪失したために前歯の動揺が著しく、前歯の保存は不可能と考えられます。

 

IMG_9507 パノラマ所見

上顎前歯部の骨吸収が著しい状態です。

 

20150214125416

初診時の検査結果からも、上顎前歯を残すことは不可能で、患者様も理解していました。

 

暫間的な治療計画として、

 

1)部分入れ歯

2)欠損部インプラント治療

3)オールオンフォー インプラント

 

の3つをご提案しました。

部分入れ歯は入れたくない。仕事に差し支えるので、抜歯後すぐに仮歯を入れたい。

とのご希望があり、All-on-4(オールオンフォー)の適応となりました。

この段階で、抜歯後の骨量の把握が必要となったため、CT撮影後、インプラント診断ソフト「ノーベルクリニシャン」によるインプラント分析を行いました。

 

次回は、インプラント診断ソフト「ノーベルクリニシャン」による、All-on-4(オールオンフォー)の分析についてお話します。

 

口元のお悩みはお気軽にご相談ください。

 

ALL on 4(オールオンフォー) implanthttp://dental.otsuka-biyo.co.jp/implant/allon4.html

 

にほんブログ村 美容ブログへ  


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ