Dr.藤巻の美容歯科ブログ|WHOが砂糖摂取量で新指針案:炭酸飲料1缶で糖分の摂り過ぎに!

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2014年3月17日

WHOが砂糖摂取量で新指針案:炭酸飲料1缶で糖分の摂り過ぎに!

Filed under: その他,健康 — Michiya Fujimaki

 

「WHOでは、肥満や虫歯を予防するために、糖摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満にすべきという現行の推奨基準に加え、更に、成人で1日あたりの小さじ6杯程度となる5%未満にする事が、より利点があるとする新ガイドラインの案を公開した。」

参考資料:「公益社団法人 日本WHO協会」

 

平均的な大人の場合、総摂取カロリー5%に相当する砂糖は25g(ティースプーン6杯)、有名な炭酸飲料350mlには39g含まれています。1缶ですでに糖分の取り過ぎに!

 

カロリーに対する意識の高まりから、カロリー表示をチェックする方も多いと思いますが、原材料名も見る習慣をつけると良いですよ!

 

原材料名の表示は、その中に最も多く含まれている成分が一番最初に表示される決まりとなっており、炭酸飲料の場合は一番最初に、「砂糖類(砂糖、ぶどう糖)」と記載があり、砂糖(主原料)の締める割合が非常に多い事を表しています。

 

すべてを制限するのは食生活がつまらないものになってしまいますが、できるだけ、一日の糖分摂取量を意識するようにしましょう!

 

砂糖の量を角砂糖で表したサイトがありました。参考にしてください。

6f390967

 

シュガースタックス:sugarstacks.com

WHO シュガー・ガイドライン:http://www.who.int/mediacentre/news/notes/2014/consultation-sugar-guideline/en/

 

にほんブログ村 美容ブログへ  


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ