Dr.藤巻の美容歯科ブログ|All on 4(オールオンフォー)治療 5テンポラリーインプラントブリッジ1ヶ月後

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2015年3月11日

All on 4(オールオンフォー)治療 5テンポラリーインプラントブリッジ1ヶ月後

今回は、「テンポラリーインプラントブリッジ(仮歯)」の装着一ヶ月後の経過についてご説明いたします。

 

患者様は、それまで上下のかみ合わせが前歯にしか無かったため、前歯に大きな動揺(動揺度Ⅲ)があり、

食事や発音に障害があり、日常生活に大きな問題をかかえておりました。

 

患者様の現在の感想は、

「まだ少し慣れていないが、咀嚼回数を増やしてゆっくり咬むようにしている。」

との事。

 

20150311120605

IMG_9495 装着直後

IMG_9678 装着一ヶ月後

 

施術後一ヶ月がたち、粘膜も治り、「テンポラリーインプラントブリッジ」と歯ぐきの間に隙間が開いてきています。

 

患者様は、このすき間から息がもれることを不快に感じると訴えておりますが、この時期は、インプラント体と骨との結合(オステオインテグレーション)を優先します。

また、インプラント周囲のブラッシングも丁寧に行っていただくようご説明しました。洗口剤等も併用していただくことで、口の中の細菌数を減らすことも良好な治癒、良好なゴールへの重要な布石となります。

 

全く咬めなかった状態から、仮歯とはいえ、咬めるようになるので、咬合(噛み合わせ)が犬歯間に均等にあるか、咬合が集中していないか、を注意深く確認していきます。

 

この時期は、インプラントと骨との結合が最も落ちる時期なので、「テンポラリーインプラントブリッジ(仮歯)」を外しての調整は次回となります。

 

次回は、「テンポラリーインプラントブリッジ」を外しての、粘膜の調整についてお話します。

 

口元のお悩みはお気軽にご相談ください。

 

ALL on 4(オールオンフォー) implant」http://dental.otsuka-biyo.co.jp/implant/allon4.html

 

にほんブログ村 美容ブログへ  


ページの先頭へ