Dr.藤巻の美容歯科ブログ|「インプラント治療の偶発症とリカバリー」|下尾嘉昭先生

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2016年7月31日

「インプラント治療の偶発症とリカバリー」|下尾嘉昭先生

Filed under: 学会・セミナー — Michiya Fujimaki

今日は私が所属するUIR(ユニバーサルインプラント研究所)の講習会に参加しました。

会員のMALO CLINIC TOKYO 下尾嘉昭先生の講演です。

Shimoo

日本口腔インプラント学会専門医試験で、よく出題されるテーマ「インプラント治療の偶発症」が、今回の講義内容です。

下尾先生は解剖の講座で学位を取ったこともあり、基本的な解剖を詳しく説明してもらい、知識の整理になりました。

インプラント治療の偶発症には

1)感染 2)下歯槽神経損傷 3)その他の神経損傷 4)上顎洞炎 5)上顎洞へのインプラント埋入 6)異常出血 7)異常疼痛 8)器材の誤飲、誤嚥 9)器材の破折 10)インプラント体のスタック 11)インプラント体の動揺、埋入窩の過形成と形成形成部位の錯誤 12)火傷 などがあります。

全ての偶発症は、術前の歯周精密検査(歯周組織の把握)・血液検査(全身状態の確認)・CT診査(解剖学的形態の把握)を行えば防げるものです。

私どもは、どんなに簡単と思われる手術にも、上記した検査が必要だと思っています。

 

UIRでは臨床で重要な解剖学を勉強する機会を、

平成28年10月23日東京歯科大学解剖講座教授 阿部伸一教授により

「口腔内小手術、インプラント治療における臨床解剖学」を開催します。

興味がある方は、ぜひ参加してください。

Prof. Abe

facebookのユニバーサルインプラント研究所のサイトにアクセスし、参加希望のメッセージを頂ければ、詳細を返信いたします。

UIR ユニバーサル・インプラント研究所 www.facebook.com/universalimplant


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ