Dr.藤巻の美容歯科ブログ|Pro Arch|MALO CLINIC Protocolの先にあるのは!

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2017年6月17日

Pro Arch|MALO CLINIC Protocolの先にあるのは!

こんにちは、大塚美容形成外科歯科の藤巻理也(ふじまきみちや)です。

MALO CLINIC Protocolは、Dr.パウロ・マロによって開発された、4本のインプラント(上顎と下顎の場合で最小8本)で、一日で固定性の歯が入る、画期的な治療方法です。

奥の2本のインプラントを30度以上傾けることで、上あごにある空洞(上顎洞)を避け長いインプラントで噛む力を支える方法です。今までこのジャンルはノーベルバイオケア社「all on 4」の独擅場でした。

そこにインプラントのトップメーカーであるストローマン社「Pro Arch」として参入してきました。

ストローマンインプラントの特徴として、骨と接触する部分の表面が優れています。SLActiveと呼ばれるその表面性状は、生体親和性が最も高く、3〜4週間で荷重をかけられる唯一無二のインプラント表面です。インプラント表面性状だけは、後から変える事が出来ないので、ベストなインプラント表面なら「SLActive Straumann Implant」を選ぶ事になります。

SLActiveSLActive表面

また、その素材は通常のチタニウムではなく、ジルコニウムとチタニウムの合金でその強度は24%アップし、細いインプラントでも強度があります。細いインプラントは、患者さんの負担をへらし手術選択の幅が広がります。



[ストローマンインプラント BLTによる施術写真]


[奥歯のインプラントに繋ぐ構造物]


今後はストローマンインプラントを使用する「Pro Arch」を積極的に取り入れ、今後の問題点を精査していきたいと思っています。

 

 

 

Pro Arch http://straumannproarch.com/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。最後にポチっと、押してください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ   


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

ページの先頭へ