Dr.藤巻の美容歯科ブログ|Straumann Pro Arch Guide 下尾嘉昭先生|口腔医科学会

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2016年10月17日

Straumann Pro Arch Guide 下尾嘉昭先生|口腔医科学会

10月16日日曜日に、口腔医科学会第20回学術講演会において講演された、日本のAll-on-4 ™の第一人者である、MALO CLINIC TOKYO 下尾 嘉昭先生講演「全顎的リハビリテーションにおけるStraumann Pro Arch Guideの有用性」の座長として参加してきました。

All-on-4 ™は、Dr.パウロ・マロによって、ポルトガル・リスボンにて開発された画期的な治療方法で、従来全顎インプラント治療は6本のインプラントが必要とされていましたが、4本のインプラント(上顎と下顎の場合で最少8本)で1日で固定性の歯にする治療方法です。

以前は、「ノーベルバイオケア社 Speedy Groovy Implant 」を使用して手術をおこなってきました。

デンタルインプラントとして、最も術後の脱落や炎症の少ない、Straumann SLActive Implantを利用し、All-on-4 ™で培われた Malo Clinic Protocol で全顎治療を可能にした、「Straumann Pro Arch」の講演をお聞きしました。

Pro arch
 

Shimoo
長く培われたAll-on-4 ™Straumann Pro Archとの違いは、全てのケースで応用が可能なノーベルバイオケアと違い、ストローマンインプラントは次の点で優れているとのことでした。

1)インプラント表面性状から、治療期間の短縮が見込める。

2)他のインプラントと違い、ジルコニアとチタニウムの合金であるため、強度が25%が高く。細いインプラントが利用可能である。

全ては、患者様の治療にプラスになることなので、積極的に取り入れていきたいと思います。

 

Straumann Pro Arch http://straumannproarch.com/

All-on-4 http://dental.otsuka-biyo.co.jp/implant/allon4.html

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。最後にポチっと、押してください。

 

にほんブログ村 美容ブログへ  


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

ページの先頭へ