Dr.藤巻の美容歯科ブログ|咬合3つの必要条件 ACTで講演。

初めての方でもお気軽にご相談下さい *歯科専門HPを見たとお伝えください
無料電話相談 0120-80-1611
資料請求 無料カウンセリング予約 無料メール相談

2016年4月11日

咬合3つの必要条件 ACTで講演。

Filed under: 学会・セミナー — Michiya Fujimaki

昨日(平成28年4月10日)ACT:Association for Clinical Treatmentで、

咀嚼システムの機能解剖生理」「全顎治療による顔貌の回復」というテーマで講演しました。

 

人間の顎の動きは複雑に制御され、生きていく上で重要な「食べる行為」即ち人間の

複雑な咀嚼システムの上に成り立っています。私たち歯科医師は、「虫歯」治療を

するだけでなく、これらに対しても目を向けなければなりません。

 

私たちは普段あまり意識していないかもしれませんが、食事の際にも、いざどこかの筋肉が

痛むだけで、体全体のバランスを崩します。

 

今回の講演では、基本の筋肉に関するお話をさせていただきました。

咬合の3つの必要条件

 

咬合の3つの必要条件とは、

1)安定した顎関節

2)機能的に調和のとれた前歯

3)干渉のない臼歯

であると言われています。

 

たくさんある人間の関節の中でも、左右がつながっている特殊な関節である「顎関節」。

それだけに物凄く複雑な動きをします。顎関節の周囲には多くの筋肉が走っており、その、

複雑な顎関節とも密接に関連しています。

 

新しい治療技術の習得も大切ですが、解剖の基本を再勉強すると、日常臨床に役に立ちます。

 

ACT:Association for Clinical Treatment

にほんブログ村 美容ブログへ   


コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
また、投稿いただいた本文中に個人情報等が含まれる場合に、加筆・修正する場合がございます。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ